14日朝、名古屋市東区の交差点で乗用車が橋の欄干に突っ込み1人が死亡、1人が重体となっている事故で、19歳の少年が酒を飲んで運転していたとみられることがわかりました。 14日午前6時過ぎ、東区矢田にある「矢田川橋」の交差点で男女5人が乗った乗用車が橋の欄干に突っ込み、1人が死亡し、2人が大けがをする事故がありました。 その後の警察の調べで、運転していた19歳の少年から、事故直後、基準値を超えるアルコールが検出されたことがわかりました。5人は中学校時代の同級生で、午前5時ごろまで名古屋市内の繁華街にあるクラブで飲酒していて、仲間を送り届ける途中で事故を起こしたということです。 警察は、酒を飲んだ状態で車を運転し同乗者を死傷させたとして、運転していた少年を危険運転致死傷の疑いで逮捕しました。調べに対し、少年は容疑を認めているということです。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます