12日夕方、福岡市西区の国道で酒を飲んで原付バイクを運転した疑いで、42歳の男が現行犯逮捕されました。 12日午後5時半ごろ、福岡市西区石丸の国道202号で、左折しようとした軽乗用車と後ろから走ってきた原付バイクが衝突する物件事故がありました。 原付バイクに乗っていた男からの通報を受けて警察官が駆けつけたところ、男から酒のにおいがしたためアルコール検査を実施。 基準値を超えるアルコールが検出されたため、警察は男を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。 逮捕されたのは、福岡市早良区南庄に住む自営業、小木曽奨治(おぎそ・しょうじ)容疑者・42歳で、警察の取り調べに対し、容疑を認めているということです。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます