先月、愛知県名古屋市で、自転車用カバーに火をつけ、住宅を燃やそうとしたなどとして、59歳の男が逮捕されました。 逮捕されたのは名古屋市中区の無職・藤林重徳容疑者です。警察によりますと藤林容疑者は先月29日、昭和区の住宅前で自転車用カバーなどに火をつけ、住宅を燃やそうとした疑いがもたれています。 当時、火はおよそ1時間後に消し止められ、けが人はいませんでした。 警察の調べに対し藤林容疑者は「火をつけたのは思い出したような気がする」などと話しているということです。 この火事の7分後には、およそ600メートル離れた瑞穂区内でもベビーカーなどが燃える火事があり、警察が関連を調べています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます