2月に警視庁の遺失物センターを訪れ、「なくした物を取りに来ました」と話したという杵渕千春容疑者(38)。落とし物の現金4万6000円が入った封筒をだまし取ろうとした疑いで、14日に逮捕されました。 現金入りの封筒は、今年1月に東京・品川区内の商業施設に落ちていたものでした。 杵渕容疑者は、この商業施設の警備員で、落とし物の情報を確認できる立場にあったということです。 警視庁によりますと、杵渕容疑者は、なくした場所や日時などを克明に覚えていたにもかかわらず、ひと月近く経ってから届けを出していたことから、センターの職員が過去の記録を確認。 すると、同じ商業施設の落とし物について、ここ数年で複数回、遺失物センターを訪れていたことが分かったということです。 杵渕容疑者は、容疑を否認しています。 杵渕容疑者:「自分で落としたものを取りに行こうとしただけで、決して嘘などはついていません」 (「グッド!モーニング」2023年5月15日放送分より)

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます