福山雅治が主演を務める日曜劇場「ラストマン-全盲の捜査官-」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)の第4話が、5月14日(日)に放送される。同作は、黒岩勉のオリジナル脚本で、全盲の人たらしFBI捜査官・皆実広見(福山)と犯人逮捕のためには手段を選ばない孤高の刑事・護道心太朗(大泉洋)がバディを組み、難事件に挑む姿を1話完結で描く新時代の痛快なバディドラマ。 ■福山雅治“皆実”×大泉洋“心太朗”を支えるチームメイトは… 福山、大泉の他、皆実と心太朗を支えるチームメイトとして、捜査一課の刑事で心太朗の甥・護道泉役でKing & Prince・永瀬廉、捜査分析センターの分析官・吾妻ゆうき役で今田美桜、捜査一課のメンバーで松尾諭、今井朋彦、奥智哉が出演。さらに、彼らを束ねる女性警部補・佐久良円花を吉田羊、心太朗の父・護道清二を寺尾聰、心太朗の兄・護道京吾を上川隆也が演じる。 ■「ラストマン-全盲の捜査官-」第4話 あらすじ 第4話は―― ジョギング中の皆実(福山)と吾妻(今田)は突然倒れ込んだ男性と遭遇。その後、病院でその男性の死亡が確認される。外傷はなく事故死と見られていたが、皆実は違和感を覚え、病理検査を依頼し、死因が毒物によるものだと判明。さらに遺体の手には謎の紋章が刻印されていた。 心太朗(大泉)の調べで同様の犠牲者が3人いることがわかり、全員に共通していたのが国家規模の事件に絡む要人だということだった。公安・捜査二課とも連携した大掛かりな捜査が始まる。一方、皆実たちは、被害者の妻に話を聞きにいく。 そんな中、泉(永瀬)が、吾妻を事件から外すように皆実にお願いしてくる。その理由は、吾妻がずっと心に傷を抱え続けている過去のある事件によるもので… ――という物語が描かれる。 ■泉のアクションシーンに視聴者歓喜 心太朗に「うわさになってたぞ、お前が食事に誘って断られたって」と言われた泉が動揺するシーンで始まる第4話の予告映像では、「国家規模の要人暗殺事件、警察の威信をかけた事件だ」というせりふとともに、路上で心臓マッサージを行う皆実や、泉のアクションシーンなどが映し出されている。 また、“吾妻が抱えた心の傷”というテロップとともに、「あいつは心に傷があるんです」という泉のせりふ、「犯人を逮捕することが世の中のためになるんでしょうか」と吐露する吾妻と「だったら、警察なんて辞めた方がいいんじゃないのか」と告げる心太朗の姿も印象的だ。予告動画の最後には、「吾妻が刺されました!」と叫ぶ泉の姿も。 予告映像を見た視聴者からは「要人暗殺事件… 予告だけでも緊迫感が伝わってくる」「吾妻の心の傷と泉の恋の行方が気になる」「ついに泉のアクションシーンが~! 予告で一瞬映っただけなのにほれぼれする…」「泉の華麗なるアクション、早く見たい!」「食事に誘って断られたことがうわさになっていると知り動揺する泉がかわいい(笑)」「吾妻ちゃん刺されるのか…次回もハラハラドキドキしそう」などといった声が上がっている。 「ラストマン-全盲の捜査官-」第4話は、5月14日(日)夜9時放送。なお、Paraviにて見放題配信される。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます