5月12日未明に神戸市須磨区で18歳の女性が車にひかれて死亡した事故で、警察は車を運転していた会社員の男を逮捕しました。 過失運転致死の疑いで逮捕されたのは、神戸市垂水区の会社員・大西準二容疑者(54)です。大西容疑者は12日午前1時すぎ、帰宅するために車を運転していた際、須磨区西落合の路上に横たわっていた垂水区に住む専門学校生の女性(18)をひいて死亡させた疑いがもたれています。 警察によりますと、事故直後、大西容疑者の呼気からは基準値を下回るものの0.05ミリグラムのアルコールが検出されたということです。警察の調べに対し大西容疑者は「車を運転中に事故を起こしたのは間違いない」と話していて、事故前に飲酒していたことも認めているということです。警察は女性が路上に倒れていた原因などについても詳しく調べています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます