福岡県糸島市で15日未明、車を運転中に駐輪場のフェンスにぶつかる事故を起こした男が、飲酒運転の疑いで逮捕されました。 15日午前1時45分ごろ、福岡県糸島市浦志のJR糸島高校前駅にある駐輪場のフェンスに軽ライトバンがぶつかる事故がありました。 事故を目撃した警察官が運転していた男の呼気を調べたところ、基準値の約6倍のアルコールが検出されたため、男を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。 逮捕されたのは、福岡県糸島市波多江駅北の会社員・横田博紀容疑者(38)です。 警察の調べに対し横田容疑者は、酒を飲んで車を運転したことを認めています。 また、北九州市若松区の自称芸術家・久保田大生容疑者(24)と、北九州市門司区の自称美容師・山口修司容疑者(47)が酒気帯び運転の疑いで、現行犯逮捕されています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます