飲食店で酒を飲み「運転代行を呼ぶ」と話した直後、車に乗り込んで運転したとして、酒酔い運転の疑いで、女が逮捕されました。容疑を否認しています。 酒酔い運転の疑いで逮捕されたのは、愛媛県伊予市の自称パート従業員の50代の女です。 警察によりますと、女は12日午前0時半ごろ、酒を飲んだ状態で軽乗用車を運転し、伊予市駅前のロータリー周辺を走った疑いが持たれています。 この直前まで、女は近くの飲食店で酒を飲んでいて、店員に対し「運転代行を自分で呼ぶ」と告げたあと、駅前に止めてあった自分の車に乗り込み、そのまま走り出したということです。 店員からの通報を受け駆け付けた警察官が任意同行を求め、呼気を調べたところ基準の4倍を超すアルコールが検出されたことから、逮捕に至りました。 調べに対して「運転していない」と容疑を否認しているということです。 警察は、詳しい経緯などを調べる方針です。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます