きょう未明、那覇市の国道で酒を飲んだ状態で軽乗用車を運転したとして、銀行員の男が現行犯逮捕されました。 酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは糸満市の銀行員、呉屋哲容疑者、56歳です。 警察によりますと呉屋容疑者はきょう午前0時すぎ那覇市具志の国道331号で酒を飲んだ状態で軽乗用車を運転した疑いです。 呼気からは基準値のおよそ2倍のアルコールが検出されていて、警察の調べに対し「飲んで帰る途中だった」と容疑を認めているということです。 また呉屋容疑者は逮捕前、道路わきに止まっていた運転代行業の車と接触する事故を起こし、乗っていた男性2人が顔などに軽傷を負っていて、警察は過失運転傷害の疑いもあるとみて調べています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます