5月3日、北海道東部・釧路町のアパートで、住人の小学校教諭、小阪志保さん(39)を刃物で刺すなどして殺害した疑いで、8日午前に検察庁に身柄を送られた北海道釧路市の介護士、藤山功至(こうじ)容疑者(37)。 「捜査関係者によると、小阪さんの死因は失血死で、身体には10カ所以上の刺し傷や切り傷があり、胸の深い刺し傷が致命傷になったとのこと。釧路署は藤山容疑者が強い殺意を持って小阪さんを刺したとみて、詳しい動機などを調べています」(全国紙社会部記者) 事件は、藤山容疑者が自ら「人を刺した」などと通報したことで発覚。容疑者は小阪さんとは別の釧路市の自宅アパートで自殺を図り首から血を流して倒れていたものの、病院に搬送された後に回復。取り調べに対して「殺したことに間違いない。口論になった。(小阪さんとは)以前から面識があった」と、容疑を認めているという。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます