海外メディア「New York Post」などが、機内での「トンデモ事件」を報じています。とあるアメリカ人ラッパーが、デルタ航空の東京発ミネアポリス行きの機内で2023年4月17日、CA(客室乗務員)に対し局部を露出し、さらにわいせつな行為におよんで逮捕されたというものです。機内で下半身を露出する行為は、当然「即アウト」で許されないものです。 しかし実は過去に、この行為が許され、乗客が下着を脱いだ状態で飛んだフライトが存在しました。 2003年、チャーターされた1機のボーイング737が、100人弱の乗客を乗せ、マイアミからメキシコまで飛びました。この便は、直訳すると「原則裸の旅行」という社名の旅行代理店がチャーターしたものです。このフライトでは、シートベルトサインが外れると、下着を含む服を脱ぐことが許されていました。 CNNなど当時の現地メディアの報道によると、担当する乗員は当局の規則に従い制服を着用すること、やけど防止のためドリンクは冷たい物のみ、降下する際の機内アナウンスで乗客に「服を着るよう」説明する、などの条件があったといいます。 このフライトは冒頭のラッパーの事件とは全く異なる趣旨で行われたものですが、背景には、当時のアメリカの航空事情が関わっていたという論調もあります。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます