12日、北海道北斗市で、無免許と酒気帯び運転の疑いで、48歳の男が逮捕されました。 逮捕されたのは、北斗市追分4丁目に住む48歳の会社役員の男です。 男は12日午前11時半ごろ、北斗市の市道を無免許の上、酒気を帯びた状態で、軽貨物自動車を運転した疑いが持たれています。 警察によりますと、男を職務質問した際、アルコールの臭いがしたため呼気検査をしたところ、基準値の7倍のアルコールが検出されたということです。 男は、6日に無免許運転で逮捕されたのち釈放されていて、この日パトロール中の警察官が、車を運転している男を見つけ、職務質問していました。 取り調べに対し、男は「無免許は間違いないが、体にアルコールが残っていない状態で運転した」と容疑を一部否認しています。 警察は、男が無免許で運転した理由や飲んだ酒の量などを詳しく調べています。

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます