東京・江戸川区の住宅で男性を殺害したとして、中学校教師の男が逮捕された事件で、男の関係先から警察の聴取を想定した可能性のあるメモが見つかっていたことがわかりました。 尾本幸祐容疑者(36)は2月、江戸川区の住宅で、山岸正文さん(63)を殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、尾本容疑者の関係先から、捜査が自身に及ぶことを想定して書いたとみられるメモが見つかっていたことがわかりました。 住宅の複数の階には尾本容疑者のものとみられる靴の跡が残されていましたが、尾本容疑者は逮捕前の任意聴取に、「荷物を運ぶのを手伝ってほしいと言われ、土足で家に入った」などと話していました。 警視庁は、メモをもとに任意聴取に応じていた可能性があるとみて調べています。(ANNニュース)

関連投稿

投げれられたコメントは運営チェック後に開かれます